1分間のOracle SAPデータベース管理者DBA:サーバーアーキテクチャ-データベースインスタンス

Oracleサーバーのアーキテクチャ

Oracleについて最初に理解しておくべきことの1つ RDBMS (リレーショナルデータベース管理システム)は、「データベース」と「インスタンス」という用語の違いです。この記事では、「インスタンス簡単に言うと、インスタンスという用語は、データベースのシャットダウン時にメモリ内で実行されるプロセスを指します。これは、データベースが実行されているかどうかに関係なく、オペレーティングシステムのファイルシステムに残っているデータベースファイルとは異なります。

Oracleインスタンス

Oracleインスタンスは共有メモリで構成されています- SGA(システムグローバルエリア)、および一連のオペレーティングシステムプロセスと メモリ構造 データベースファイルを管理します。

SGAは、メモリ内の3つの主要な領域で構成されています。

  • 共有プール、SQLを実行するためのさまざまな構造と依存関係の追跡が含まれています
  • バッファキャッシュ、データベースから読み込まれたデータブロックの画像が含まれています
  • ログバッファ、それはディスクにフラッシュアウトされる前にREDO情報を格納するために使用されます

インスタンスのバックグラウンドプロセス

以下がメインです(もっとたくさんあります) UNIX データベースが起動するたびに開始され、実行され続けるプロセス:

  • PMON、プロセスモニターは、クリーンアップが必要なプロセスを定期的にチェックします
  • スモン、システムモニター、データベース内の空き領域を結合し、必要なすべてのインスタンスプロセスがアクティブであることを確認します
  • DBWR、データベースライター(複数のプロセスの場合はDBWn)は、データブロックをバッファーキャッシュからディスクに書き戻します。
  • LGWR、ログライター(複数のプロセスの場合はLGWn)は、REDO情報をログバッファーからディスクに書き込みます
  • CKPT、チェックポイント中にファイルヘッダーを更新します
  • アーチは、データベースがアーカイブログモードの場合、REDO情報をアーカイブ領域にコピーするオプションのプロセスであり、リカバリ中に変更を再適用できます。

一般的な UNIX Oracleバックグラウンドプロセスを確認するために実行されるコマンド(つまり、データベースインスタンスが実行されている場合)は次のとおりです。

ps -ef | grep ora

このコマンド 出力 以下は、実行中の単一インスタンスのSAP Oracleデータベースで見られる主なプロセスといくつかの他の典型的なプロセスを示しています。この場合、データベースのSID(システム識別子)名は “CLQ”です。 SAPデータベース名、つまりSIDは、3文字になる傾向があります。中央のセクションは、プロセスの省略形です。

ora_mman_CLQ

ora_arc0_CLQ

ora_arc1_CLQ

ora_gen0_CLQ

ora_dbrm_CLQ

ora_vktm_CLQ

ora_dia0_CLQ

ora_diag_CLQ

ora_smco_CLQ

ora_pmon_CLQ

ora_psp0_CLQ

ora_dbw0_CLQ

ora_dbw1_CLQ

ora_lgwr_CLQ

ora_ckpt_CLQ

ora_smon_CLQ

ora_reco_CLQ

ora_mmon_CLQ

ora_mmnl_CLQ

ora_arc2_CLQ

ora_arc3_CLQ

ora_qmnc_CLQ

ora_q002_CLQ

ora_q000_CLQ

ora_w000_CLQ

ora_w001_CLQ

ora_vkrm_CLQ

ora_cjq0_CLQ

おめでとう!これで、Oracleサーバーアーキテクチャの一部を学習しました。「」という用語の意味インスタンスこの短い扱いは、トピックを詳細にカバーすることを意味するのではなく、導入、および複雑なトピックを習得するための楽しく痛みのない方法を意図しています。次に、Oracleデータベースについて学ぶ必要があります。 パラメータ ファイル。



Source by Carla M Paton

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *